ピコグリル398

Picogrill 398

¥13,100 (税込)

軽量でハイキングでの持ち運びもできる、スイスSTC社製の焚き火台です。

オートキャンプ用品としての焚き火台はいくつかの製品が市場にありましたが、ハイキング用途として持ち運んで活用するには重量面で厳しいものでした。またハイキング用途としては煙突型のウッドストーブが一般的でしたが、小さな枝葉をくべて火を起こすのでは湯をわかすのがやっとの火力しか得られませんでした。

ピコグリル398は、重量442gと持ち運ぶのに充分な軽量さでフラットに折りたたんでパッキングできます。組み立ては簡単で、シェルとフレームを組み合わせた独特の形状になります。他の煙突型のウッドストーブに比べて大きな薪を使うことができることから火も長持ちでき、構造的に一方向に薪をくべるので空気の通りがよく、火付けも容易で少ない薪でも充分な火力を得ることができます。足部分の高さもあるためグラウンドにダメージを与えません(※植生がある場合は念のため下にアルミシート等を敷いてお使いください)。

専用のスピット(串形五徳)を使って鍋を置いて調理ができるので、長い日数を歩かなければいけないときの燃料の重量と比べて、落ち枝というある意味無限の燃料を得ることができるので、戦略的に活用していく理由としては充分です。炊飯やパスタ、シチュー物など燃料を浪費する煮込み料理も気兼ねなく楽しむことができます。焚き付け用や予備の火力としてエスビット等の固形燃料と組み合わせて活用すれば、どのような場所や天候でも対応できる柔軟なストーブシステムも構築できます。

夜間のキャンプサイトで焚き火を楽しみながら過ごすという、ハイキングの楽しみ方にもう一つの可能性を与えてくれるギアでもあります。積極的に森林限界下の樹林帯を歩こうとする動機にもさせてくれます。見た目の美しい構造だけでなく、携帯性や燃焼効率、使い勝手、環境保護にいたるまで、見事に考えつくされたプロダクトと言えます。

本体11,800円に加えてスピット650円x2本が含まれるセットです。

※日本の国立公園内のなかでも特別保護区として設定されているエリアでは落ち枝の取得には許可が必要となっていますのでご注意ください。例えば奥秩父では主稜線のごく一部のエリアが該当しますが、もともと保護が必要なほどの植生が薄い部分でもあります。またそれ以外にも個々の山域のローカルルールやテント場の決まりごと、植生環境や美観・景観、周囲の状況などを見てご活用ください。特に火の後始末はくれぐれもご注意ください。

取り寄せの注文(予約注文など)が利用できます

商品カテゴリー: ,

追加情報

内容

Picogrill 398 本体、スピットx2本、専用袋

重量

442g (フレーム202g、シェル164g、スピット38gx2本)、専用袋47g

素材

ステンレス鋼

寸法

33.5 x 23.5 x 1.3 cm

メーカー

STC (スイス)